読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳より

思ったことをきままに書き記して。

ASKA、AL『Too many people』で早速好きになった曲が。

その前に一つ。

アルバムの感想等々を

その日のうちに文字媒体で

あげたりしている人を

よく見かけますが、

なんか違うんだよなあと。

 

1日や2日では到底わからない部分も

私は書きたいので。

少し胡散臭いと思ってしまいます。

 

 

頭から話が逸れましたが…。

 

 

FUKUOKAは除外します。

評価するするのには

まだ早過ぎる気がしたから。

 

結構通して聴きましたが、
「さすが」と思った曲が
2曲ありました。

 

  • track04 『東京
  • track09 『元気か自分

 

 

まずはtrack04の『東京』です。

シングルカットするなら

間違いなく。

コレでしょうね。

 

Mr.Childrenにも『東京』という曲があり

まあそれは何度も聴いたんですが、

アーティストの感性とか

まあよく解りかねますが

「違い」かな、なかなか興味深いですね。

 

ASKAさんの『東京』は

もっとマクロな視点で

大きな集合体として見ている

そんな気がします。

 

気に入ったからカラオケでと思ったけれど、

サビでASKAさん特有の高音を

連発するので少し時間がかかりそう。

 

 

 

次はtrack09の『元気か自分』ですね。

勝手に見やすいようにと

色分けしたんです。

でもほんと綺麗な水色って感じです。

 

メロディーが洗練されていて

「あぁいい曲」と思ったなぁ。

初めて聴いた、そうまさに一発目で。

 

前述の『東京』にも言えることですが

サビに高揚感を感じて、

楽しいんですね。

なんか、ああいいなぁ。

 

それに歌詞が別の世界みたい。

そしてまた比喩や喩えが秀逸ですね!

「誰が誰に言ってんだ」って感じですね。

それでも言いたい

言わざるを得ない感じ。

 

 

あ、これはカラオケで歌えそう。

でもASKAさんの歌は

歌うと「…違うな」って

思ってしまうんだよなぁ。

日本一とも呼び声高いミュージシャンだもの。

当然か。

 

 

追記ありましたらまた。