雑記帳より

思ったことをきままに書き記して。

Mr.Children『NOT FOUND』の歌詞考察

今日はMr.Childrenの『NOT FOUND』の歌詞について考察していきます。

 
私は「好き好き!大好き!」的なラブソングはかわいい女の子が歌えばいいと思っています。ましてや、ミスチルが歌うには似ても似つかないです。
 
まず「好き」という感情に限れば、冷めた言い方をするなら「(ある特定の人を)好き」という感情は性欲の延長な訳で、この歌はその更に奥にある「愛」というものを歌っています。男目線で描かれている物語で、決して彼女に尽くすとか愛を捧げるとかではなく、自分の恋愛観を表現した曲で、共感する人も多いでしょう。
 

では、一番のAメロ。

僕はつい見えもしないものに頼って逃げる 君はすぐ形で示してほしいとごねる
ここでは"見えないもの"と"形"を対比させています。
愛を口にするのは簡単だけれど、それを君に対して簡単には言えずにいる。だからきっとここでの"形"は"言葉"に置き換えられます。多くの日本人男性は簡単に「愛してる」なんて口にしないと聞いたことがありますが、実際私がそうなのだから多分間違いじゃないです。だって気恥ずかしいし、それは嘘でも言えるから。
それでも世の女性は「口にして欲しがる」。それが一夜限りの恋でも、永遠の愛でも。大抵の男は、目を見て「愛してると言って」と言われてもはぐらかします。そこで言えちゃうのがモテる男であったりプレイボーイであったりするから、ちぐはぐ。
 
続いてBメロの
矛盾しあった幾つものことが正しさを主張しているよ 愛するって奥が深いんだなぁ
彼女を本当に愛しているんだけど、それがマイナスに伝わってしまうこともあって、それがまさにこの"矛盾"。愛してるから、愛してるというのは言わなくても伝わると思い、片や、愛してると言ってくれないとわからないと思う。お互いにきっと愛し合ってるが故の大きな矛盾なわけです。
 
1番サビの
あぁ 何処まで行けば解りあえるのだろう? 歌や詩になれない この感情と苦悩 君に触れていたい 痛みすら伴い歯痒くとも 切なくとも 微笑みを 微笑みを
「二人でこの先、一緒にいたとして"解りあえる"のかもわからない。」というこの感情も自分ではなんだか具体的ではなくて、それをミュージシャンとしての桜井さんは「歌や詩にできない苦悩」といいます。才能とはこういう事を言うのだと感嘆です。
もちろん、「愛する人に触れていたい」と思うのは誰だって思うことで、でもむしろ近くにいる方がわからなくなることも少なくない。この"歯痒さ"は"切なさ"にもなるのは愛の性。
 
2番Aメロの
愛という 素敵な嘘で騙してほしい
ここでは愛を"嘘"と位置付けます。でも自分は"君"を愛しているわけで、その狭間で矛盾を起こします。ここで理論は崩壊。
 
2番Bメロの
自分だって思ってた人格がまた違う顔を見せるよ ねぇ それって君のせいかなぁ
長い間一緒にいることで生まれるものは絶対にあって、それが"愛"という不安定なものだったりもします。"愛"はいずれ"馴れ合い"に変わると聞きます。そうなったらもう自分の一部を相手のせいにすることだって容易くて、"自分でも見たことのないおぞましい一面"も相手のせいにしてしまえます。
でも、ここではあくまでも「自分の人格」と言っているから、突然腹が立ってとか動揺とかでは別の自分が出てきたというわけではなく、あくまでも素の自分です。
 
2番サビの
あとどのくらいすれば忘れられんのだろう? 過去の自分に向けた この後悔と憎悪 君に触れていたい 優しい胸の上で あの覚束ない子守唄を もう一度 もう一度
「忘れたいもの」は自分に向けた数々の憎悪。そのために「君に触れていたい」と思う。さっきまでは相手のせいにしていたのに、です。図々しいけど、そんな事も考えなかった少し前の自分達に優しい子守唄とともに誘って貰いたいから。
 
Cメロの
昨日探し当てた場所に今日もジャンプしてみるけど なぜがNOT FOUND 今日もNOT FOUND ジェットコースターみたいに浮き沈み
そうこうしているうちに主人公は"愛"の意味を見つけた気がしたんでしょう。でもそれが否定される。あれ、違うじゃん、上手くいかないって感じで。今日も、明日も、明後日も定まらない。こんな感じで、浮き沈みするわけです。
大サビの
あぁ 何処まで行けば辿り着けるのだろう? 目の前に積まれた この絶望と希望 君に触れていたい 痛みすら伴い歯痒くとも 切なくとも 微笑みを 微笑みを もう一度 微笑みを
絶望と希望がこの先にきっとたくさんあって、でもそれに目を惹かれるが故、その先にある"愛"へのヒントが見えづらくなります。きっとこの曲はその意味を探す曲だから、多分二人で見たいものは愛という矛盾。良し悪しも分からず。それでもなお「微笑みを」と歌う。
この絶望にも希望にも後悔にも憎悪にも歯痒さにも切なさにも矛盾にも聴こえるこの「もう一度 微笑みを」は、言葉に出すことのない桜井さん自身の"愛のカタチ"と矛盾だと思います。
 
http://youtu.be/EvBDa4TX3Bo (公式ライブ映像)