雑記帳より

思ったことをきままに書き記して。

ASKA's song "UNI-VERSE" translated into English ーASKA『UNI-VERSE』歌詞英訳

You and I are so.
Anybody and everybody is so.

 

Surely, we're getting sadness by ourselves, surely.
We should have been able to turn to fun things.

 

If it is sunny tomorrow, let's go together in order to see the rocket which is on newspapers which is bundled up, like the future.

 

We can't keep up with the universe, and above all everything is alive there. And there are same spaces in our side.

 

A plastic bottle rocket flew.

And that was dazzling and disappeared from the blue sky.

Like it's "astro boy" which disappeared from the Sun of the summer's color.

 

You and I are so.
Anybody and somebody is so.
All people connect in their minds: UNI-VERSE.

 

We have always walked all the way by ourselves.
We have always draw lines all, and decided everything.

 

No matter when I love, telling me they like the things they like.
But if they started saying that they want something to want...

 

I feel myself by my songs and someday my songs are spread far away places.

That person is "Morning Relay (which is Shuntaro Tanigawa's novel)."
We are "relay of the wishes."

 

You and I are so.
Anybody and everybody are so.
We look up at the stars and become alone.

 

What had the ancient people watched...?

 

A plastic bottle rocket flew.

And that was dazzling and disappeared from the blue sky.
Like it's "astro boy" which disappeared from the Sun of the summer's color.

 

You and I are so.
Anybody and everybody is so.
All people connect in their minds: UNI-VERSE.

ASKA『Too many people』は傑作

発売されてからこのアルバムを死ぬほど聴いてきたから、まわりよりも少し感想が遅くなってしまったから興味があれば。

 

理由については下を参照

 

celestial17.hatenablog.jp

 

 

感想を一言で言うなら

「このアルバム、傑作である。」

 

一曲ずつのレビューを簡単に

 

1.FUKUOKA

トップバッターである『FUKUOKA』は本作の暗めのリードナンバーと言って差し支えないだろう。YouTubeで先行して聴いたときは重たいという印象も拭えなかったがアルバム中の一曲として聴くと静かなBGMの様にも聴こえるからいい。

 

2.Be Free

のびのびとした曲調で非常にいい。特に前曲からの流れでよりのびのび感が強調されるのが憎い。声が気持ちいいな。

 

3.リハーサル

このアルバム初のロック調の曲。歌によって発声が異なるのだろうか、声質が前述の二曲と一切異なる。アルバムに幅をもたせた。また、初めて聴いたときはわからなかったが次曲へのつなぎの一曲としても重要な役割を果たしていることも忘れてはいけない。

 

4.東京

アルバムリードナンバーはこの曲。軽やかでポップな曲調が誰の心も惹きつける。歌詞も明るく、聴いていて楽しい。にしても声高いなぁ。

 

5.X1

YouTubeで先行視聴できた曲。なぜこの曲だったのかと今になっては思うが、いやそれには意味がある、多分。答えが知りたい方は次回のブログで。

 

6.それでいいんだ今は

実はこの曲からある特徴を孕む。その特徴は次回のブログで詳しく。

楽曲自体はとてもいい。サビの徐々に来る感じがやばい。わかってくれる人いるかなぁ。ボキャ貧なので。

 

7.Too many people

アルバム表題曲。最初聴いたときは正直「げっ。」と思ったが、それもこれもすべてASKAの音楽センスの許容する範囲の広さだろう。今では好きな曲の部類に入るし、ASKA以外のこういう歌は聴けないだろうな。

 

8.と、いう話さ

もう表題からしてかっこよすぎだろう。歌聴いても裏切らないかっこよさ。最高だ。アルバムを手に取った瞬間から気になっていた曲が2つあるのだが、そのうちの一つ。

 

9.元気か自分

表題から気になった曲の一つ。なんというか表せないが『東京』とともに最初に気に入った曲。詳しくは↓

 

celestial17.hatenablog.jp

 

10.通り雨

計画が潰れてしまった。雨のせいで。そんな日に聴きたい、静かな曲。

 

11.信じることが楽さ

Cメロだけで言えばまちがいなく今作最高。前曲とのセットとして考えたほうが納得いくからそう考えている。嵐の前の静けさ。

 

12.未来の勲章

ロックでもなくフォークでもなく、なんだろうこのASKA独特のやりきった感は。クールだよ、間違いなく。

 

13.しゃぼん

静かな入りから終わりを匂わせ、サビは怒涛の盛り上がりで圧巻させる。しかし最後はシャボン玉が突然弾けるように突然失速する。切なさを引き立てかつ壮大さも残す、締めとして完璧だ。本作のボス。

 

 

コメント

早く帰っておいで。

そしてもう二度と裏切らないで。

ASKA、AL『Too many people』で早速好きになった曲が。

その前に一つ。

アルバムの感想等々を

その日のうちに文字媒体で

あげたりしている人を

よく見かけますが、

なんか違うんだよなあと。

 

1日や2日では到底わからない部分も

私は書きたいので。

少し胡散臭いと思ってしまいます。

 

 

頭から話が逸れましたが…。

 

 

FUKUOKAは除外します。

評価するするのには

まだ早過ぎる気がしたから。

 

結構通して聴きましたが、
「さすが」と思った曲が
2曲ありました。

 

  • track04 『東京
  • track09 『元気か自分

 

 

まずはtrack04の『東京』です。

シングルカットするなら

間違いなく。

コレでしょうね。

 

Mr.Childrenにも『東京』という曲があり

まあそれは何度も聴いたんですが、

アーティストの感性とか

まあよく解りかねますが

「違い」かな、なかなか興味深いですね。

 

ASKAさんの『東京』は

もっとマクロな視点で

大きな集合体として見ている

そんな気がします。

 

気に入ったからカラオケでと思ったけれど、

サビでASKAさん特有の高音を

連発するので少し時間がかかりそう。

 

 

 

次はtrack09の『元気か自分』ですね。

勝手に見やすいようにと

色分けしたんです。

でもほんと綺麗な水色って感じです。

 

メロディーが洗練されていて

「あぁいい曲」と思ったなぁ。

初めて聴いた、そうまさに一発目で。

 

前述の『東京』にも言えることですが

サビに高揚感を感じて、

楽しいんですね。

なんか、ああいいなぁ。

 

それに歌詞が別の世界みたい。

そしてまた比喩や喩えが秀逸ですね!

「誰が誰に言ってんだ」って感じですね。

それでも言いたい

言わざるを得ない感じ。

 

 

あ、これはカラオケで歌えそう。

でもASKAさんの歌は

歌うと「…違うな」って

思ってしまうんだよなぁ。

日本一とも呼び声高いミュージシャンだもの。

当然か。

 

 

追記ありましたらまた。

ASKA『Too many people』を買いました

ASKAさんのCDを買うのは初めてですが。

特にファンというわけでもなく、なんとなく購入(いやはや、マスコミは偉大か)。

YouTubeでの先行配信を聴いてこれは凄いと思っていたので。

 

本は買いませんでした。真相は知りたくないから。「事実は小説よりも奇なり」と思いたいからなのかもしれないから。でも、きっと真実はよりリアリスティックだろうから。

 

アルバム自体は光るものが散りばめられている、そんな印象です。まだ数回しか聞いていませんが。

 

よし、早速iTunesに取り込み、iPhoneにも…。

今も聴き流しながらこうしてパソコンの前で少しの眠気を感じつつ。

希望を文字化する歌「ヒカリノアトリエ」

YouTubeで公開されて…

CDも発売されて…

 

ついにはiTunes Storeレコチョクにも!

Mr.Childrenの「ヒカリノアトリエ - Single」を iTunes で

Mr.Children「ヒカリノアトリエ」-『ヒカリノアトリエ』収録|シングル、アルバム、ハイレゾ、着うた、動画(PV)、メロディコール/待ちうたをパソコンで音楽ダウンロード(配信)、試聴、歌詞も【レコチョク】1004059632

 

そしてホールツアーからの…

25周年ツアーまで!(当選しますように!)

 

ほんと盛りだくさんだなぁ。

個人的には、REFLECTIONツアー→未完ツアーの流れでピタッと活動休止とかしそうで怖かったんですけど…なんとなくそんな気もしなくなってきて。

 

次はアルバムかな??

虹ホールツアーでの新曲はどれも良かったです。

 

よい25周年になりますよう…!

 

追記(2月6日)

当選しました!!楽しみです。。

筆者流「ミスチルプレイリスト 1月 ver.」

  1. Prelude
  2. Pink〜奇妙な夢
  3. Wake me up!
  4. Happy Song
  5. 跳べ
  6. and I love you 
  7. fantasy
  8. SUNRISE
  9. 過去と未来と交信する男
  10. 幻聴
  11. Starting Over

1時間9分(69分)

 

comment

「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」

って素晴らしい挨拶だと思うんです。それはともかく、今年も新しい一年ですね。なんだかウキウキしてくるのはまだ心が幼いからかな? なんて気持ちを忘れずに生きていきたいなと、そう思います。

ちなみに今回のプレイリストは全体的に落ち着いてる気がします。自分のツボですが、トラック2から3にかけてが何となくいいなあと(洒落じゃなくて)。

 

2017年、平成廿九年が皆様にとってより良い一年になりますよう。

FUKUOKA is your hometown.

FUKUOKA、いい歌ですね。

FUKUOKA ASKA - YouTube

 

この劇場的ともいえる逮捕劇の答えがあの曲とは言いませんが。

 

心に直接訴えてくる、でも否応無しに染み渡るようなそんな曲です。